不動産投資が全くの投資初心者におすすめな理由とは?

こんにちは、不動産ライターのたつやです。

今回は、不動産投資が全くの投資初心者におすすめな理由を、不動産投資の一般的な知識と合わせてお伝えしていきます。

 

不動産投資というとプロの投資家をイメージする方も多いですが、賃貸物件を相続したという方でなければ、誰もが最初は初心者です。

むしろ、様々な投資商品がある中でも、住まいに関係する不動産投資は未経験者でも取り組みやすい面が多くあります。

今回は、不動産投資を全く知らないという方でも分かるように、不動産投資について解説していきますね。 

不動産投資って何?

不動産投資って何ですか?

こう聞かれたら、どんな答えをイメージされるでしょうか。

何となく土地や建物を買って、売って、儲ける事というイメージの方が多いと思います。

 

バブル期や高度経済成長期のような、国の経済が右肩上がりの時は、土地や建物の値段もどんどんあがっていたので、買って、売って、儲けるという手法が人気でした。

売買によって得られる利益の事をキャピタルゲインといいます。

 

一方、経済が安定している時期は、簡単にキャピタルゲインを得るのが難しくなる為、不動産を保有し、賃貸として人に貸すことで家賃収入を得るという手法が人気になりやすいです。

賃貸によって得られる利益の事をインカムゲインといいます。

 

不動産投資といっても、様々な投資対象がありますし、自分の収入や目的によって、検討する投資対象も変わってきます。

まずは、不動産投資には、どういった投資先があるか確認していきましょう。

・1棟アパート・マンション投資

身近な存在である、アパートやマンションを1棟丸ごと所有する事で、家賃収入を得る事ができます。
 

アパート・マンションなので、当然、部屋は複数あります。

 

空室リスクを分散する事もでき、土地とセットで購入する事で、建物が古くなっても、土地の資産価値が残るという事もあり、人気な投資対象ですね。 

ただ、初期の投資金額は大きくなります。

また、建物全体を所有して、管理していく為、将来的なリフォーム費用なども見込んで事業計画をたてる必要があります。

未経験からでも挑戦する事は可能ですが、利回りや収入の高さに惑わされて、安易に手を出さず、しっかり勉強した上でトライした方がいいですね。

・区分マンション投資

マンション全体ではなく、建物の中の1室だけを所有する不動産投資になります。

土地や建物全体を購入するのに比べると、比較的、初期投資を抑える事ができます。

当然、入居が決まっても、1室からの家賃収入だけになりますので、いきなり大きな収入にはなりません。

その為、不動産投資初心者の方が、早い段階で取り組まれる事が多い投資対象ですね。

区分マンションを複数のエリアに分散して持つ事で、同じエリアや建物に集中して投資する場合に比べて、リスク分散をできるというメリットもあります。

 

私も初めて購入したのが、区分マンションでした。

1室だけとはいえ、不動産売買契約書にサイン・捺印する時はドキドキでしたね。

・一戸建て投資

アパート・マンションだけでなく、一戸建ても不動産投資の対象になります。

マイホームは欲しいけど、すぐに購入は難しい・・

だけど、マンションやアパートだと子供の泣き声など気になる・・

そういった世帯は賃貸で戸建てを借りる事もありますね。

 

築古の戸建であっても、きちんとリフォームして賃貸にだせば、借りたいというファミリーはいます。

また、一度入居してもらえると、比較的長期間住んでくれる場合も多いので、安定した家賃収入に繋げられるという特徴もあります。

・REIT(リート)

実物の建物に投資するのが不動産投資ですが、金融商品でも不動産を対象に投資する事ができます。

証券会社や銀行などで購入できるREIT(リート)とは、金融商品の1つになります。

 

不動産を投資対象とする投資信託のことで、多くの投資家から集めた資金をプロが運用し、様々な不動産に分散投資をする事によって得られた利益を、投資した口数に応じて受け取る事ができます。

メリットとしては、少額からも不動産を対象とした投資をする事ができ、個人ではなかなか難しい商業ビルや海外の不動産など、分散投資によるリスクヘッジができる事などがあげられるでしょう。

 

私が証券会社にいた時も、やはり投資信託は人気商品で、REITに投資される方は、堅実な投資スタイルの方が多かったですね。

毎月、決まった金額でREITを購入し続ける、いわゆる、ドルコスト平均法を実践されている方もいました。

 ※ドルコスト平均法とは、株や投資信託を買うときに、定期的に一定金額分を購入する事で、リスクを分散する投資方法になります。一定金額分を買い続ける事により、高値のときは少しだけ購入し、安値のときには多く購入する事ができます。

ただ、不動産投資との一番の違いとして、金融商品の場合、銀行から融資を受けることはできません。

つまり、自己資金が多くないと、大きなリターンが見込めないんですね。

また、不動産投資は不動産賃貸業として国が事業として認めていますので、火災保険、地震保険、団体信用保険などなど、様々な保障がある一方、金融商品はマイナスになったらそのままマイナスが残るだけです。

 

個人的には、これから資産をつくっていくという方は、不動産投資からスタートした方が良いと思いますね。

不動産投資が初心者に向いている理由

投資というとプロや専門家が、本業として行うイメージが強いですが、不動産投資はサラリーマンの副業として人気があるように、初心者からスタートするにも向いています。 

特別な資格やノウハウが要らない

不動産投資を成功させる為には、不動産に関して勉強するのは必要です。

ですが、特別な資格やノウハウがなくても開始できる投資でもあります。

 

不動産投資を実践されている方は、書籍やセミナーで勉強したり、専門家に相談したりされている方は多いですが、難しい資格を取得しなければならないという訳ではありません。

むしろ、そういった資格や経験を持った専門家の力を活用して、自分がオーナー業に専念する事ができます。

 

株やFXなどは、基本的に全て自分でやらなくてはなりません。

金融機関の営業マンを担当につける事もできますが、彼らの仕事は取引回数を増やして手数料を得る事であり、あなたの資産を最大化するのが仕事ではないのです。

もちろん、資金を引き上げられないように利益がでるよう努力はしてくれますが、あくまで相談相手という認識でいた方が安心ですね。

 

特別な資格やノウハウを全て自分が手に入れなくても成功できるというのが、不動産投資が投資初心者にとって、取り組みやすい要因の1つと言えます。

※不動産投資も、不動産を販売する営業マンは、儲かる為に売りつけようとしてくる営業もいるので注意してくださいね。 笑

サラリーマンだからこそ、有利に始められる

本業が忙しいサラリーマンの方でも、きちんと取り組めるのが不動産投資の魅力の1つです。

日中は会社で仕事をする必要があるサラリーマンだと、どうしてもプロの投資家と比べて不利になってしまいがちです。

 

しかし、不動産投資の場合、不動産購入後の管理業務は、ほとんどが外注できます。

その為、常にチェックやメンテナンスをする必要はなくなります。

・資金調達は金融機関

・不動産登記は司法書士

・法律関係は弁護士

・税金対策は税理士

・賃貸募集は仲介会社

・賃貸管理は管理会社

・リフォームはリフォーム業者

こんなに多くの外注先を活用してできる投資は、不動産投資ならではといえるでしょう。

 

何より、サラリーマンであるからこそ、金融機関から好条件で融資を受ける事も可能になります。

本業をしながら投資で事業拡大をしていくのであれば、不動産投資がぴったりといえるでしょう。

不動産投資のメリット

それでは、不動産投資におけるメリットをまとめていきましょう。

・生命保険としての機能がある 

不動産投資も、住宅ローンで自宅を買うのと同じく、団体信用生命保険に加入する必要があります。

団体信用生命保険とは、不動産を購入する際に加入する保険で、万が一の事があった際に、不動産投資における融資を一括で返済してくれるという保障になります。

 

つまり、万が一の際は、借入なしの不動産を家族に残すことができるのです!

不動産投資で購入した物件があれば、毎月の家賃収入を得る事もできますし、売却すればまとまった現金になります。

 

リスクとしては、家族関係を大切にしていないと、

万が一が起きればいいのに・・

こう思われてしまう事ですかね。汗

 

生命保険は毎月の保険料の支払いが必要になりますが、不動産投資であれば、家賃収入を頂きながら、万が一の為の保障を持てるのです。

他の投資商品にはないメリットの1つになりますね。

・節税・相続対策になる

不動産は、現金に比べると、相続税評価額を圧縮する事ができます。

その為、相続時にかかる税金を減らすことができるというメリットもあります。

 

不動産投資で所有している土地や建物の場合は、様々な減税措置がある為、現金資金が多い方は、不動産投資を活用して節税・相続対策をする事も可能です。 

不動産投資を勉強するおススメの方法

不動産投資について勉強したい!

そう思われた方の為に、おススメな勉強法をまとめていきます。

・書籍

知識を得ると言えば、やっぱり読書!

という方も多いのではないでしょうか。

 

不動産投資では、日常生活ではあまり見慣れない専門用語などもありますので、まずは基本的な知識について、初心者向けの本を読んで理解するのがいいでしょう。

最低限の基礎知識があれば、次のステップであるセミナー参加や、実際に物件を見に行くなどして、さらなる知識を吸収していきましょう。 

・セミナー

不動産投資のセミナーというと、経験者やベテランの方ばかりで敷居が高いイメージもありますが、初心者こそ、セミナーでリアルな声を聞くのが大切です。

特に初心者向けのセミナーに参加してみると、

こんなに若い人ばっかりなの?

こう感じると思います。

 

初心者向けのセミナーはたくさんあるので、まずは参加してみるのをおススメします。

ただ、セミナーの最後で、自社商品の販売や営業が始まりそうになったら注意しましょう。

 

経験が浅い段階だと、

どんな物件でも良く見えてしまいます!

 

少なくとも複数回セミナーに参加して、物件を見ていく事で、比較検討できるようになるのが大切です。

・投資家のコミュニティに入る

利用者のレビューを参考にして商品やサービスを決めている人は多いのではないでしょうか?

実際に良いのか、悪いのかというのは、すでに経験している人に聞くのが一番です。

 

大切なのは、不動産業者ではなく、あなたと同じ投資家の意見を聞くという事です。 

ちゃんと話してくれる不動産業者もいますが、自分の扱っている商品を、わざわざ悪く言う営業マンは少ないでしょう。

 

実際に投資をしている投資家の意見を聞くことで、客観的に不動産投資のメリット・デメリットが見えてくるでしょう。

誰もが初心者からのスタートです

不動産投資に成功して、家賃収入で幸せな生活を手に入れてる人はたくさんいます。

 

金融業界、不動産業界と経験してきて、安定した収入がある事は幸せの1つの要素だと感じます。

ですが、不動産投資で成功している人たちは、収入だけでなく、人柄も良く、勉強熱心な方ばかりでした。

 

不動産投資で継続的に成果を出していくには、ラッキーだけでは続きません。

全くの初心者から、勉強を重ね、積み上げてきた自信があるからこそ、本当に豊かな気持ちで生きていられるんだろうなと思います。

 

そういった不動産投資の成功者も、最初は初心者だったんです。

自分なんて知識も経験もないから・・

そんな事で躊躇する必要はありません。

 

むしろ経験がないからこそ、積み上げていく事で、大きな自信を得る事ができるんだと思います。

ぜひ、この機会に不動産投資をもっと知って頂き、小さくとも、確実な一歩を踏み出してみてくださいね!

The following two tabs change content below.

たつや@30代営業職サラリーマンが自由人になってみた。

30代営業職のサラリーマンが、副業で1株投資から自由人を目指しています。【経歴】新卒で営業結果を出せず3年で退職→フリーランス4年で挫折→30代無職→2回転職→営業と副業を学ぶ→1部上場企業の管理職→副業は月10万くらい。週4の筋トレと3歳の息子と遊ぶのが楽しい!サラリーマンの働き方、副業、資産運用を中心に呟きます。

最新記事 by たつや@30代営業職サラリーマンが自由人になってみた。 (全て見る)