サラリーマンが1万円からでも資産運用をするべき3つの理由

結論として、サラリーマンからお金を増やしていきたいと思うなら、1万円からでも資産運用を始めるべきです。

30代投資初心者
30代投資初心者
少ない小遣いの中から、たった1万円を資産運用しても意味なんてないよね・・
30代投資初心者
30代投資初心者
いやいや、ネットを見ても、みんな何百万、何千万って運用してるし、こんな少額じゃ全然増えないでしょ・・

確かに、資産運用は大きな金額があった方が圧倒的に有利です。

100万円を年利10%で運用したら10万円です。

1億円を年利1%で運用したら100万円になります。

お金を増やすには、お金がある方が強いのです。

 

ですが、資産運用を始める前は、誰だって0円からスタートすることになります。

そして、資産運用の未経験者と、経験者の差は非常に大きいです。

 

仮に1万円からだとしても、すでに資産運用を始めている30代のサラリーマンがどれくらいいると思いますか?

あなたの勤めている会社の同僚に、すでに何百万円も投資している。もしくは月に1万円でも資産運用をしている人がいるでしょうか?

ほとんどのサラリーマンは、毎月のお小遣いから趣味や飲み代を捻出するのに必死なはずです。

 

0から1を始めるのが最も大変で、かつ重要なのです。

今回は、1万円からでも資産運用を始めることが、お金持ちに繋がる第一歩である理由をお伝えしていきます。

記事を読み終わったら、無駄な出費を控えて、投資を始めたくなっているので、楽しみながら読んでくださいね。

まず始めてみることが大切!

そもそも、資産運用を始めようとすると、

・しっかりと知識をつけてから・・

・まとまったお金を準備してから・・

・株と投資信託とETFと海外株式と、違いや特徴を理解してから・・

急に完ぺき主義になってしまい、なかなか始められない人が多いです。

 

確かに、投資は大切なお金を運用するので、最低限の知識は必要です。

しかし、始めないことには、どんなに勉強しても、知識が活かせず無駄になってしまいます。

スポーツを始めるときに勉強から始めましたか?

学生時代を思い出してみましょう。

人気の野球、サッカー、バスケット。

体育の授業で、テニス、卓球、水泳と、いろいろなスポーツを経験してきたはずです。

 

「野球が面白そう!」

そんな時に、野球の歴史を調べて、完ぺきなフォーム、ルールをすべて覚えてから始めましたか?

まず、簡単なルールを知って、実践しながら覚えていったはずです。

 

その中で、

「もっとうまくなりたい!」

「こんなに楽しいのか!」

「負けて悔しい!もっと練習するぞ!」

こういった感情が沸いてきたら、自然とうまい選手を調べたり、自分に合ったフォームを練習したりしていきます。

 

まずは実践!

実践していく中で、楽しいとか、辛いとか、悔しいとか、色々な感情が生まれてきます。

そうなると、自然ともっとうまくなりたいと、勉強したり、練習したりするのです。

 

資産運用も同じように始めたら大丈夫です。

まず、やってみないと自分に合っているかも分からないですからね。

資産運用を1万円からでも始めるべき3つの理由

30代投資初心者
30代投資初心者
資産運用って失敗したらお金が減るし、スポーツみたいに気軽に始められないよ・・

資産運用はリスクがあるので、大切なお金が減ったらどうしようという気持ちは良く分かります。

特に30代サラリーマンの平均的なお小遣いが3万円という現実を考えると、せっかく投資してマイナスになったら辛いですよね。

だからこそ、いきなり貯金を切り崩して投資をするのではなく、1万円からスタートするのです。

①やってみて合わなければ辞めればいい

学生時代、未経験のスポーツをやってみようと部活に入る際に、

「入部して始めたからには、絶対に全国大会にでないといけないぞ・・」

なんて、プレッシャーの中で始めるでしょうか?

・ちょっとやってみたいから、

・面白そうだったから

・友人に誘われて興味を持ったから

そんな感じで始めませんでしたか?

 

始めてみて合わなければ、辞めたっていいんです。

日本人は、始めたら続けることを美徳に感じがちですが、合わないことを無理に続けても意味がないです。

やってみて、合わないなら、あなたに合ったことを探せばいいんですから。

資産運用も同じです。

 

お金はみんなが求めていて興味があるにもかかわらず、失敗を恐れて挑戦しないというのはもったいないです。

②1万円なら、0円になっても諦めがつく

資産運用はお金が減ってしまうというリスクがあります。

その為、無くなってしまっても諦めがつく金額からスタートするのがポイントです。

 

特に未経験であれば、大金を投資するには不安があるはずです。

少額のお金と時間を投資するなら、始めやすくなります。

 

例えば、友人からフットサルに誘われたとしましょう。

「やったことないスポーツだから、会場費、レンタルシューズという費用を払って、その分楽しめなかったらどうするの?」

「少額でも時間もお金も投資するんだから、絶対に楽しめるって確信がもてるまで待ってほしい!」

こんな事を言うでしょうか?

おそらく、次回は誘われなくなるでしょう。笑

 

かといって、未経験のスポーツを始めるのに、プロ選手と同じ道具を揃えて準備万端にする必要もありません。

最低限の投資で挑戦してみて、合わないなと思ったら経験できてよかったと思えばいいんです。

③サラリーマンの62.4%は資産運用をやっていない

資産運用に対してハードルを高く感じてしまい、サラリーマンで資産運用をしている人は非常に少ないです。

実際にサラリーマンの62.4%は資産運用を行っていないというアンケート結果もでています。

資産運用アンケート

資産運用アンケート

引用:https://www.jibunbank.co.jp/corporate/news/2020/pdf/news_20200115_01.pdf

対象:全国の20代~40代のビジネスパーソン男女500人

 

また、運用している金融商品も株式が一番多く、

大手企業の持ち株制度や法人確定拠出年金で運用している人も含まれると考えると、

自主的に資産運用をしている割合はさらに低くなると言えるでしょう。

 

つまり、少額であったとしても、資産運用をスタートしているというのはすごいことなのです!

給料がいくらになるとか、来月のお小遣いはいくらになるとか、

入ってくるお金のことは誰もが気にするのに、お金の増やし方である資産運用はほとんどの人がやっていない。

 

仮に1万円という少額であっても、自分専用の証券口座があって、株式や投資信託を保有している。

そんな30代サラリーマンは少数なのです。

小さな一歩で、大きな差に繋がっていきます。

そうはいっても、資産運用は現金が多いほうが強い

1万円からでもスタートすることに意味はありますが、

投資金額は多いほうが圧倒的に有利というのも事実です。

 

1万円をコツコツ積み立てて1年頑張って12万円運用したとしても、

お金がある人がポンと100万円出資したら配当は100万円のひとのほうが多いです。

 

残酷ですが、お金がある方が有利な仕組みなのが資本主義です。

この事実を受け入れた上で、資産運用を進めていくと、

「もっと現金があれば、資産運用を効率よくできるのに・・」

こういった欲望が生まれたらチャンスです。

 

資産運用に慣れてきて、恐怖が薄くなり、

もっとチャレンジしたいと感じているということです!

1万円で資産運用をスタートする最大の目的は、投資に対する恐怖に慣れていくということです。

 

もっと資産運用をしていく為には、資産運用に回すお金を増やすための行動をすればよいのです。

サラリーマンが資産運用に充てるためには、大きく3つの選択肢があります。

①転職して年収を増やす

サラリーマンが年収を増やす、一番分かりやすい行動は転職です。

毎月1万円を捻出で来ているのであれば、給料が3万円アップしたら毎月4万円が捻出できます。

一気に4倍になるのは、大きな差です。

 

同じ勤め先で固定給が3万円アップするのは、すぐには難しいかもしれませんが、

うまく転職する事で、50万円、100万円の年収アップは可能です。

 

②副業をして収入を増やす

副業は会社を辞めるために始めるだけではありません。

給料を超える収入でなくても、月3万円でも副業からの収入があれば、

それだけで資産運用が4倍速になるのです。

 

サラリーマンとして固定給を稼いでいるのであれば、これ以上、時間を切り売りして時給で稼ぐ労働を増やすのは負担が大きくなります。

あなたの経験を発信するブログや、自宅でできるライター業などがオススメの副業になりますね。

③支出を見直して無駄を省く

1万円から資産運用を始めていくと、毎月の出費に対しての感度が鋭くなります。

 

例えば、無駄に入りすぎていた保険と、何となく大手キャリアで契約していた携帯の通信料を見直したとしましょう。

結婚して家族が増えてくると、どうしても出費が大きくなりがちですが、

毎月の支出を1万円抑えられたとすると、資産運用が倍速で進めていけます。

 

今まで、支出に無頓着であればあるほどチャンスです!

大きく節約ができれば、無駄な出費が、将来への投資に切り替わるのです。

1万円からでも資産運用を始めてみよう!

30代の投資初心者であるサラリーマンが、1万円から資産運用を始めることで様々なメリットがあります。

・投資に対する漠然とした恐怖が減る

・投資のために無駄な出費を削れる

・さらなる投資に向けて稼ぐ意欲が沸く

だんだんと資産運用を始めてみたくなってきたのではないでしょうか^^?

 

実際に始めてみるまでは、

「1万円投資したところで・・」

という気持ちがどうしてもありましたが、

 

実践してみると、不思議ともっともっとという思いが沸き出てきます。

騙されたと思って、まずは始めてみることを強くオススメします。

最悪、3万円のお小遣いが1ヶ月1万円減ったと受け入れてしまえばリスクはありません!

 

今は未経験者でも、少額から資産運用を始められる方法は沢山あります。

投資未経験者から、投資経験者への第一歩を踏み出すことで、資産を増やしていける30代サラリーマンを目指していきましょう!

The following two tabs change content below.
アバター

たつや@30代サラリーマンの羅針盤

【経歴】新卒で入社した会社を3年で退職→フリーランス4年で挫折→貯金0円、30代で無職→未経験の不動産業界に転職→2回目の転職で1部上場企業の正社員になる!→ネオモバで1株投資実践中!【ブログテーマ】サラリーマンの資産運用、30代無職からの転職活動、サラリーマンの羅針盤を運営中!