【米国株】投資初心者は個別株ではなくETFからスタートしよう。

サラリーマンをしながら資産形成をしていく為に、積立投資を始めていきます。

資産運用は始めるハードルが高いので、まず大手のネット証券口座を開設してきました。

→30代サラリーマンが資産運用の為、SBI証券の開設にチャレンジ!

資産運用を始めるにあたって、初心者サラリーマン投資家であれば、個別銘柄ではなくETFからスタートする事をオススメします。

私自身、日々のサラリーマンのライフスタイルも含めて考えた結果、米国株の高配当ETFから積み立てしていくことにしました。

・なぜ日本株や投資信託ではなくて米国株なのか?

・そもそもETFって何?

こういった方は、ぜひ参考にしてみてください。

ETFって何?

ETFとは、証券取引所に上場している投資信託になります。

単純にETFという場合は、日本国内のETFを指す場合が多いですね。

投資信託が証券取引所に上場しているので、個別の株式と同じように、売買をする事ができます。

様々な企業の株式混ざった1つの商品なので、個別株を選定分散投資をする事なく、分散投資のメリットを享受できます。

※ETFはExchangeTradedFundの略ですが、正式名称までは覚えなくて大丈夫です。

海外ETFに投資ってできるの?

海外への投資というと、とてもハードルが高く感じますが、ネット証券が一般的に広まった事で、ハードルはかなり低くなっています。

購入の手続きも簡素化されてますし、気になる手数料もどんどん下がってきています。

米国株ETFと中国株ETFなどありますが、アメリカの証券取引所で長く成果を出し続けているETFなら、長期積み立てにピッタリだと考えています。

※米国株ETFは、上場先がアメリカの証券取引所という事で、アメリカ以外の国の株など投資先にな場合があります。

高配当ETFを選んだ理由

数多くのETFがある中で、今回、高配当ETFからスタートしようと考えています。

主な理由は3つです。

①リアルな配当金を受け取りたい

やはり、資産運用するからには、配当金として受け取れるというのは、モチベーションの維持においても大切ですね。

サラリーマンをしていると、1年間頑張って給与3000円アップなど、手取りを増やすためには、日々の積み上げが必要です。

少額であっても給与所得以外のキャッシュが入ってくるのは、継続しがいが湧くのです。

もちろん、資産運用の醍醐味は複利運用ですから、最初はコツコツと積立にまわしていきます。

②個別銘柄を選定する時間がない

個別銘柄を分析するのが大好きで、チャートや財務諸表を見るのが苦にならないのであれば、個別銘柄を選ぶのが醍醐味かもしれません。

しかし、サラリーマンをしながら、かつ副業を積み上げながら、さらに資産運用に多くの時間を割り当てるのは厳しい。。

かといって、イメージだけで個別株に投資をしていくのは怖い。

それであれば、ETFをコツコツ積み立てていくのが合理的と判断しました。

③配当がないとゴールが見えなくて辛い

将来のためといっても、10年後か、20年後か、不明確な未来のために、毎月継続するのは、やはりしんどいです。

それであれば、四半期ごとに配当という形で利益が受け取れ、かつ、それが少しずつでも積み重なっていくというのは励みになります。

短期的な中間ゴールに向かって、日々を励んでいく方がいいなのいうのが理由ですね。

日本株や投資信託に比べて米国株ETFはお得なのか?

身近な企業である日本株の方が、取り組みやすいイメージはあります。

ですが、個別株は値動きも激しいですし、銘柄選定に時間を取られるので、初心者サラリーマン投資家には向かないです。

逆に、得意な業界や業種があって、個別銘柄を選定できるのであれば、個別の日本株も選択肢として悪くないと言えるでしょう。

 

投資信託は、以前に比べて購入手数料が低い、もしくは無料(ノーロード)の投資信託も増えてきました。

また高いとされていた運用手数料も減ってきているので、投資先として検討しても良いと思います。

配当金の再投資をして資産を積み立てていくこともできますので、先々、投資信託の積立も検討していこうと考えています。

投資初心者はETFから始めよう

資産運用で成果を出すには、まずは何よりスタートすることです。

証券口座を開設して、資産運用の基本を勉強して、実際に金融商品を購入する。

ここまで辿り着けず、日々のサラリーマン業務に押しつぶされてしまう方が圧倒的に多いです。

私自身、やろうやろうと思っていたのですが、気付いたら時間だけが過ぎていました。

資産運用は時間を活用して、一般人から資産家に向かっていける手段なので、方向性が見えたら、何より始めてしまうことです。

いきなり大金を注ぎ込んで退場しては元も子もないですから、少額の積み立てから、資産運用の世界に飛び込んでみましょう。

The following two tabs change content below.
アバター

たつや@30代サラリーマンの羅針盤

【経歴】新卒で入社した会社を3年で退職→フリーランス4年で挫折→貯金0円、30代で無職→未経験の不動産業界に転職→2回目の転職で1部上場企業の正社員になる!→ネオモバで1株投資実践中!【ブログテーマ】サラリーマンの資産運用、30代無職からの転職活動、サラリーマンの羅針盤を運営中!