30代で未経験から正社員に転職する3つの戦略とは?

30代で未経験から正社員に転職するというと、夢物語に聞こえる方もいるかもしれません。

30代転職希望者
30代転職希望者
30代になって未経験の業界に正社員として転職するのは無理だよなぁ・・

確かに、30代にもなると、経験のない業界に転職するハードルは上がります。

ですが、30代からでも、未経験業界に転職して正社員になる事は可能です!

今回は、30代無職という市場価値が低い状態から、未経験業界に正社員として転職した体験を踏まえ、転職する3つの戦略をお伝えしていきます。

30代で未経験から正社員に転職できるの?

結論としては、30代で無職やフリーターからでも、未経験業界に正社員として転職できます!

実際に求人サイトや、転職エージェントと面談をしてみると、

・未経験者募集!

・39歳まで可!

・34歳まで可!

など、30代からでもチャレンジ可能な求人は数多くあります。

しかし、30代で未経験となると、転職の難易度が上がるというのは間違いないでしょう。

なぜ転職のハードルがあがるのかを理解した上で、戦略をたてていきましょう。

30代で未経験に転職するのが難しい理由

30代で未経験業界に転職するのが難しい理由は、大きく分けて2つあります。

1つは目は「即戦力の壁」、2つ目は「組織の壁」になります。

①即戦力を求められる

30代の採用となると、企業からすれば、即戦力を期待しています。

・チームを管理する管理者として、

・成果をあげてくれる営業マンとして、

・もしくは、経験豊富な事務職として、

20代の新卒や若手であれば、基本から教えて育てようという企業も多いと思いますが、30代にもなると、時間とお金をかけて成長を待ってくれません。

 

社会人経験があったとしても、未経験の業界であれば、すぐに成果をだすのが難しいと評価されてしまいます。

それであれば、経験者や20代の若手を優先されてしまうのです。

②30代の未経験は組織に組み込みにくい

企業はあなた個人の能力だけではなく、採用した場合、既存の組織、チームとの相性を考えて採用をします。

 

今までの職場を振り返って、自分の部下に年上の未経験者が転職してきたことを想像してみてください。

「年上の未経験者とスムーズにコミュニケーションがとれるかな・・」

「ちょっと教えにくいな・・」

「我流で仕事をされると困ってしまう・・」

という不安がでてくるのではないでしょうか?

 

20代若手で、素直な未経験者であれば、教えやすいとしても、30代にもなると社会人経験もあり、もちろん、仕事の仕方も基礎ができているはずです。

そうすると、新しい組織にスムーズに馴染めるかということを企業の人事部は懸念するはずです。

その為、採用に踏み切れないという採用側の事情もあるのです。

30代での転職の戦略とは?

30代の転職には、

1、即戦力の壁

2、組織の壁

この2つが大きなハードルとなります。

その為、それを踏まえて転職の対策をたてる必要があります。

20代の頃のように、やる気や熱意を伝えるだけではダメです。

具体的に、良い印象を持ってもらい面接に至るまでの戦略を3つお伝えしていきます。

①面接ありきの求人を攻める!

前提として、履歴書からの勝負だと厳しくなります。

仮に高学歴だったとしても、30代にもなると学歴に対しての重要度も低くなってきます。

今の勤務先や、転職希望の業界での経験や成果があれば、履歴書、職務経歴書から、競合である他の転職希望者の中から優位性をだせるかもしれません。

ですが、未経験であると、書類審査で落とされてしまう可能性が高いです。

 

その為、面接あり気の求人を中心に申請をして、まずは面接に至るという事が重要です。

②過去の経験をどう活かすか深掘りする!

30代で未経験業界であったとしても、ほとんどの方が社会人経験があるはずです。

そして、社会人経験が一切活かせない職場というのはほとんどありません。

 

企業というのは、業界、業種は違えど、利益を追求するための価値提供という、同じ方向を向いています。

なので、過去の経験をどのようにして活かしていけるのかを、採用担当者は求めています。

 

仮にフリーターや契約社員などであっても、働き方に対する価値観や、現場で学んだ経験やスキル。

あなただからこそ、伝えられる魅力は必ずあります。

 

焦る気持ちを抑えて、今までの経験の棚卸をして、新しい業界に繋げられることを1つでも多く書き出しましょう。

③転職エージェントから推薦をもらう

残念ながら、30代は絶対にNGという求人もあります。

その求人に対して、必死に履歴書を送ったり、募集を待っていても時間の無駄になってしまいます。

 

転職エージェントは、あなたに転職の内定をとってもらうことが仕事なので、無理だと分かっている求人を勧めてはきません。

面接ありきな求人を探し、自分の過去の経験の棚卸ができたら、転職エージェントから面接可能な求人をもらって、推薦してもらうことで、スムーズに面接に進むことができます。

もちろん、求人サイトに登録をするだけでも、しっかりとした履歴書、職務経歴書を登録しておくと、面接確約オファーが届くので、同時進行で進めるのが良いでしょう。

30代の転職面接はここを伝えよう!

転職の面接アポイントが決まってきたら、後は本番である面接の臨むだけです。

決して、すべての面接を成功させる必要はありません。

採用する側も、採用されるあなたにも選択する権利があります。

お互いに合わないと思えば、丁寧にお断りするのは当然です。

色んな会社を見極めてやるくらいの気持ちで、面接にいきましょう。

 

面接の際、30代の未経験者であれば、きちんと伝えるポイントが3つあります。

①即戦力になれる根拠と提案

1から育ててくださいという姿勢は大きなマイナスポイントになります。

すでに過去の経験の棚卸ができているはずです。

そこから、転職希望の企業に転職したとして、どのように経験を活かして、成果をだせる人材に向かっていけるかをアピールしましょう。

 

現時点で経験がなかったとしても、成果をだせる人材になるまでの道筋が見えているのであれば、採用担当者からすると、採用後のイメージができるので評価が高くなります。

②年下の上司でもオッケーです

過去の職場や人間関係の話になる事も多いです。

その際に、年下の上司や先輩であったとしても、スムーズにコミュニケーションがとれたことは伝えた方が良いです。

スポーツや趣味のコミュニティでの経験であったとしても良いでしょう。

採用する側からすると、年齢関係なく、素直に学んでいこうという姿勢が見えると、安心して組織に組み込めるようになります。

③転勤の有無など、マイナス面もきちんと伝える

30代にもなると、家族や両親のことなど、人それぞれ守らなくてはならない状態である場合も多いです。

・両親の介護のため、転勤ができない

・子供が保育園に入ったばかりで残業が難しい

・家族のため、給料はいくら以上は必要である

こういった事実があれば、隠して入社したとしてもお互いに良くありません。

転職することが目標ではなく、転職後、良い状態で働いていけるかが大切です。

マイナス面があれば、きちんと伝えるように心がけましょう。

30代で未経験から正社員に転職することは可能です!

改めてになりますが、30代で未経験から正社員に転職するというのは可能です。

ただ、転職を成功させるための戦略が20代や経験者とは異なるという事実は抑えておきましょう。

 

一般的な就活対策や転職サイトなどは、新卒や20代の若手向けに書かれている内容が多いです。

30代には、30代ならではの戦略がありますので、焦らず、確実に準備していけば、必ず希望に見合った転職ができます。

 

とはいえ、今の生活を保ちながら、新しい環境に転職する準備は簡単ではないと思います。

私自身、30代無職という状態から、未経験業界への転職活動には、焦りや不安もありました。

そんな状態からでも、希望に見合った転職ができ、家族と楽しく暮らすことができています。

 

より良い人生に向けて、あなたの転職活動がうまくいくことを応援しています。

The following two tabs change content below.
アバター

たつや@30代サラリーマンの羅針盤

【経歴】新卒で入社した会社を3年で退職→フリーランス4年で挫折→貯金0円、30代で無職→未経験の不動産業界に転職→2回目の転職で1部上場企業の正社員になる!→ネオモバで1株投資実践中!【ブログテーマ】サラリーマンの資産運用、30代無職からの転職活動、サラリーマンの羅針盤を運営中!