朝の習慣を見直せば、継続した成果がでちゃう体質になる

こんにちは、不動産ライターのたつや(@tatsuya286)です。

今回は朝の習慣を見直すことで、継続した成果をだせちゃう体質になるというテーマでお話していきます。

さっそくですが、

今日の朝、起きてから5分間で何をしていましたか?

朝ご飯の準備、洗顔、着替え、仕事の用意など、人によって様々な朝があると思います。

眠くて二度寝していたという方もいるでしょう。

 

1日の行動の45%は習慣によってつくられています。

その為、朝に何をしようか考えて行動している人は少ないでしょう。

「今朝は調子がいいから歯磨きを5分長めにやろう!気分を変えて上の歯からじゃなく、下の奥歯から磨こうかな?」

こんな事をいちいち考えていたら、朝だけで疲れちゃいますからね。

 

仕事で今よりも成果をだしたいのであれば、自分の行動の大部分を占める習慣を見直すのがポイントです。

特に朝の行動は、その日の気分やモチベーションに多くの影響を与えます。

朝の何気ない習慣を見直すことで、自然と成果がでちゃう体質になる事ができるのです。

今回は、仕事で成果がでちゃう体質になれる朝の習慣についてまとめていきますので、習慣の力を使って、自然と成果をだせる体質になりたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

朝の習慣の重要性

朝の習慣が重要だという事は、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

世界の成功者と言われる投資家や経営者が、朝の時間を有効に活用する為に、早起きを実践されているというのは有名な話です。

 

もちろん、人によって朝型、夜型という体質もありますので、ただ早く起きれば良いというわけではありません。

重要なのは、朝に起きてから何をするかです。

朝、目が覚めてからの数分から数十分に何を行うかで、その日の生産性がより高まる場合もあります。

逆に、朝の行動によっては、日中にどうしても集中できず、生産性が低下してしまう事もあるという事です。

 

目的がある上での早起きなら良いですが、ただ早く起きても意味がありません。

むしろ、起きてから何をするか、どういった朝の行動習慣があるかが重要なんですね。

人によって異なりますが、瞑想や感謝、軽い運動、体に良い食事や読書などが良い習慣として取り入れられています。

こういった良い習慣を取り入れる事で、人生に大きな変化が起きてくるんですね。

良い習慣を朝に行って得られる事

朝の時間は寝起きという事もあり、ダラダラしてしまいたい気持ちも分かります。

その習慣を変える際には、習慣化されるまで苦痛を感じてしまう事もあるでしょう。

改めて、朝の習慣を変える事によって得られるメリットを確認して、やる気を高めてから習慣化に臨みましょう。

1.目標達成の快感を味わえる

朝に良い習慣を取り入れる事で、目標達成の快感を積み上げる事ができます。

やってみると感じるのですが、周りがゆっくりしているだろう朝に良い活動をすると、達成感を強く感じる事ができます。

また、朝に自分にとってプラスの時間を確保できた事で、1日の良いスタートを切る事ができますね。

 

例えば、私は以前、夜にジムにいっていたのですが、朝の筋トレに切り替えました。

日中、

仕事が終わったら筋トレもいかなくては・・

こうタスクの1つとして感じてしまっていた事もありますが、

朝から筋トレできたし、仕事に集中するぞ!

このような感情に変わり、日中のパフォーマンスもアップしています。

 

やりたい事が沢山ある人ほど、朝に達成できることがあれば、1日でやるべき事が厳選され、明確になります。

結果、本当にやるべき事に集中できるので、成果もよりでやすくなるんですね。

1日1日は小さな差であっても、継続した積み上げは、大きな差になってくるはずです。

2.良い感情でいられる

不機嫌に1日がスタートすると、なぜか嫌な事ばかり起きるという経験はありませんか?

私たちはその時々の感情によって、同じ事が起きても受け取り方が変わってしまいます。

気分が良い時は些細な事でも、気分が悪い時は無性にイライラしてしまったりするんですね。

 

これは人間なので仕方ない部分もありますが、

朝から良い習慣を通して良い感情をつくりだす事はできます。

負のサイクルに落ちてしまうと、なかなか抜け出せません。

朝は1日のスタートという事もあり、前日に嫌な事があっても、ある程度、感情がリセットされるでしょう。

そんな朝に良い習慣を行う事で、ポジティブに朝をスタートできれば、結果的に良い感情でいられるのです。

朝のちょっとした差で、1日中良い感情でいられるのはお得ですよね。

3.1日の集中力が増す

朝寝坊してしまった日は、どこか1日集中しきれないという経験があるのではないでしょうか?

朝に瞑想や軽い運動を取り入れる事ができれば、1日の集中力がアップします。

体も頭も寝起きでふらふらしている状態から、しっかり目覚めさせてあげる事は大切です。

その為にも、朝に体と頭を起こしてあげる習慣があるのは有効ですね。

4.健康になれる

朝に良い習慣を取り入れる事で、健康にも繋がります。

起きる時間も一定になりますし、朝に軽い運動などしておくと、1日中、代謝の良い状態でいられます。

結果的にダイエット効果もありますし、朝のちょっとした行動で健康にもなれるならやってみたいと思いますよね。

これも、継続は力なりです。

朝の習慣化をする為の秘訣

朝に良い行動を習慣化するメリットは分かったけれども、どうしても朝が苦手という方は多いのではないでしょうか?

私も夜型で、遅くまで起きている事が多かったので、起きる時間もバラバラでした。

朝の習慣化をするにあたって、効果的だった事を紹介していきますので、1つでも自分に合うものがあれば取り入れてみてくださいね。

1.寝る前に起きる事を意識する

早起きに挫折していた頃は、早く起きても何をしたらいいか決まってなく、二度寝してしまうという事がありました。

眠たい朝に、何かを考えていると、行動に移るのが遅くなって諦めてしまうんですね。

ちゃんと起きる為には、寝る時の準備が大切です。

 

例えば、起きた時に考える手間を少しでも減らせないかを考えてみてはいかがでしょうか?

朝食に悩むのなら、フルーツやヨーグルトなど準備できます。

着替えに悩むのなら、着る服を揃えておくこともできます。

起きてすぐに行動できるように、寝る時に意識して寝る事で、きちんと起きる事ができるようになりますね。

2.スヌーズは使わない

二度寝を避ける為にもスヌーズ機能を活用している人は多いのではないでしょうか?

私は以前、スヌーズ機能+15分おきにタイマーを3回セットして、常に目覚ましが鳴っている状態でした。

しかし、目覚ましが鳴るとスヌーズや2回目のタイマーがある為、音が鳴ったらスマホを止めるという反応が身についてしまったんですね。

 

こうなると全く意味がありません・・

うるさい、止める、

うるさい、止める、

うるさい、止める。

このローテーションに陥るので、それなら最初から早いタイマーを無くして寝ていればよいですからね。笑

 

スヌーズなしで1回の目覚ましにすると、音がなったら起きるという反応をするようになる為、思った以上にしっかり起きれます。

予定がある日に切り替えると、万が一起きられないと危ないので、休みの日から試してみるのをおススメします。

3.起きたら水を飲む

朝一に水を飲むのは簡単かつ効果的なので、ぜひ取り入れて欲しいです。

寝起きは、軽い脱水状態になっている人が多いんですね。

私も意識はなかったですが、朝一の水はとても美味しくてもう辞められませんね。

 

個人的には冷たい水で腸を活性化して目を覚ますのが気持ちいいです!

いきなり冷たい水を飲むと、体調が悪くなってしまう場合は白湯でも良いと思います。

前日に朝一に飲む水の準備をしておきましょう。

好みの温度の水を準備するのが手間だったので、ウォーターサーバーを設置して起きたらすぐに水を飲めるようにしました。

冷水が苦手な人でも、常にお湯もだせるので、手間も省けて一石二鳥ですね

4.カーテンを開ける

カーテンを開ける事で太陽の光を浴びるのが大切です。

人間はもともと「夜明けとともに起き、日暮れとともに休む」という生活を続けていました。

太陽の光を浴びる事で体内時計がリセットされるんですね。

そして、セロトニンという神経物質も分泌され、良い目覚めに繋がります。

セロトニン

神経伝達物質の1つ。幸せホルモン、幸福ホルモンとも呼ばれることがある。セロトニンの合成には光を浴びる事が必要。

5.ベッドメイキングをする

朝、目を覚ましたらどこにいますか?

二日酔いの日は玄関やキッチンにいる事もあるかもしれませんね。笑

ほとんどの場合はベッド、もしくはソファーにいる事が多いと思います。

 

起きてすぐにできる事としてベッドメイキングがあります。

その場ですぐにベッドメイキングをするのであれば、30秒もかかりません。

しかし、朝一の小さなタスクからでも、達成感は得る事ができます。

ベッドメイキングをして、「今日も頑張るぞ!」と思って立ち上がれば、もう朝の70%はクリアーしたといえます。

何事も最初の一歩が大変です。

朝の習慣化に向けて、ベッドメイキングのような小さなことでも変化があるので、ぜひ取り入れてみてください。

良いスタートを切れば良い1日になる!

朝の1時間の習慣の変化で1日が大きく変わります。

以前の私は、

7時起床 → ベッドでゴロゴロ → テレビ → シャワー → 着替え → 出社

という習慣でした。

 

今の私は、

6時起床 → ベッドメイキング → 水分補給 → カーテンを開ける → 筋トレ → プロテイン+軽い朝食 → シャワー → 着替え → 出社

自分で見比べても、絶対に今の自分の方がいいなと感じます。笑

休みの日も同じ習慣で過ごすことができると、朝に空き時間を確保する事ができ、さらにプラスの活動もできます。

このブログも、朝の1時間を活用して書くことができました。

「一日の計は朝にあり」という言葉もあるように、朝の過ごし方を変えることで、より充実した日々になります。

ぜひ、朝の良い習慣化をして、より素敵な日々を積み重ねていきましょう!

The following two tabs change content below.
アバター

たつや@30代サラリーマンの羅針盤

【経歴】新卒で入社した会社を3年で退職→フリーランス4年で挫折→貯金0円、30代で無職→未経験の不動産業界に転職→2回目の転職で1部上場企業の正社員になる!→ネオモバで1株投資実践中!【ブログテーマ】サラリーマンの資産運用、30代無職からの転職活動、サラリーマンの羅針盤を運営中!