サラリーマンに仕事観は必要?価値観が自分の人生を豊かにする!

こんにちは、不動産ライターのたつや(@tatsuya286)です。

突然ですが、仕事に対しての価値観はありますか?

・仕事は仕事だし、価値観とかないよ!

・お金を稼ぐ為に必要な事だからやっているんだけど・・

・働かないという選択肢ってあるの?

仕事に対しても色々な考えがあると思います。

 

人生を生きていく中で、人生観を持って生きている人がいるように、

仕事に対しても、仕事観を持っている人、持っていない人がいます。

 

私は、仕事に対しての価値観など考えた事もありませんでした。

お金を稼げれば何でもいい!

お金を稼げる仕事ならどうでもいい!

楽に働いて稼げるならその方がいい!

このように、お金に振り回されている働き方でした。

 

仕事に対しての価値観を持たずに働き続けるのはきついです。

それは、仕事に対する価値観を持ち始めていく中で感じています。

 

仕事に対しての価値観を持つという事は、自分と向き合うという事です。

言葉でいうよりも、簡単な事ではないです。

 

また、価値観を持ったからといって、すぐに人生が逆転するという訳ではないです。

ですが、

・人生をどう生きたいのか?

・どういう働き方をして、何を得たいのか?

これは、時間をかけて考えるべき事だと思います。

仕事観が無いと、自分以外の何かに振り回される

仕事観を持つべき大きな理由の1つに、

価値観が無い生き方は、自分以外の何かに振り回されてしまうという事があります。

 

自分の価値観が無いと、何か選択肢を目の前にした時の基準が無いので、

自然と楽な方、耳触りの良い方、安心できる方に流されていってしまいます。

 

・スマホ操作15分で月収30万円!

・誰でもできる月収100万円の稼ぎ方!

 

こういった楽そうで、耳触りの良い、簡単にできそうなことに、多くの方が惹かれてしまうのはなぜでしょうか?

自分の判断基準が無いからとも言えるでしょう。

仕事観が全くなかった時の私

以前の私は仕事に対しての価値観など皆無でした。

より多くのお金を、より楽に稼げる方法を探してさまよっていました。

 

こんな稼ぎ方があるよと言われればすぐにいくし、

楽に稼ぐノウハウがあるよと言われればすぐに買うし、

 

働き方に関しても、生き方に関しても、お金に振り回されていたなと思います。

 

結果として、お金がなくなるし、生きがい、やりがいも感じられない。

振り返ると、ただ、むなしいだけの働き方ではなかったのかなと思います。

仕事とは、自分の好きや得意を活かして、誰かに価値を提供する事

何をやっても稼ぎ続けられない。

そんな生活を続けていく中で、

・仕事ってなんだろう?

・何の為に働くんだろう?

そういった事を考える時間が増えました。

 

結果的に、

仕事とは、自分の好きや得意を活かして、誰かに価値を提供する事。

これが私なりの1つの答えになったんですね。

 

今までの人生で嬉しかったことや、楽しかったことの共通点を探してみると、

・難しいことを分かりやすく説明して喜んでもらえた事

・誰かに自分の体験や経験を伝えられる事

・目の前の人の悩みを解決するきっかけを提示できた事。

・知らない事を知って成長を実感できた事。

などなど、色々と自分と向き合って考えた結果、

 

一般的に馴染みにくい分野について詳しくなって、

全くの初心者の人にも、考えるきっかけを提供できて、

お金や将来に対する悩みを解決してあげられて、

かつ、自分も日々学び成長できる事。

 

このように考えていった時に、

・不動産

・資産形成

・仕事との向き合い方

こういったジャンルが、

自分にとってやりたい事を達成する手段なのではないかと気付きました。

 

なので、

楽に稼げる!という系統の話に魅力を感じなくなっていったのは、

自分の中で、優先する事、選択する基準。

つまり、価値観、仕事観ができてきたからなんですね。

 

なので、人生観、仕事観を持つ事は、より充実した人生を生きる為には必須と言えるのではないでしょうか?

あなたの生活は、多くの人の仕事の上に成り立っている

仕事はお金という対価を頂く行為になるので、何かしらの形で誰かの役にたつ行為になります。

 

そもそも、今の自分の生活が非常に豊かで恵まれているのは、

自分以外の誰かが仕事をしてくれているという事実があるからです。

 

ゆっくり寝られる家は誰かが設計、建築、維持管理してくれています。

電気、ガス、水道は誰かが整備してくれて管理してくれています。

美味しい食材や料理は誰かが作って、運んで、保存してくれているからあります。

 

考え出したらキリがないくらい、

多くの人の仕事によって、今の生活はなりたっているのです。

 

それであれば、自分の仕事が、より多くの人の役に立つという事は、

頂いている恩恵に対する恩返しにもなるのです。

 

そういった感謝の気持ちを少しでももって働くことで、

何となくやっていた仕事に対して、自信を持つ事ができるのではないでしょうか?

より良い人生を生きていく為に

働かなくて生きていける人を羨ましいと思いますか?

昔は私もそう思っていましたが、

自分の好きや得意を磨きながら、誰かの役にたって感謝されるいう行為、

これを仕事と呼ぶのであれば、仕事ってしたくなっちゃうと思います。

 

仕事がなくなれば、一時的には楽になって、幸福感も高まると思いますが、

1年、5年、10年と続けていった先に、より充実感を感じる人生があるのでしょうか?

 

答えがイエスであれば、仕事を頑張る必要は一切ありません。

最低限、生きていける収入や環境があれば、仕事をする意味がないですからね。

 

ただ、自己実現や他人の役に立つという事は、人間の欲求でもあります。

 

何となくやる仕事はつまらないものかもしれません。

なので、自分自身と向き合う事で、

人生観、仕事観を少しずつでも確立していく。

その先に、より良い人生を生きる事ができるのではないでしょうか?

 

ぜひ、自分なりの人生観、仕事観を持って、充実した日々を生きていきましょう!

The following two tabs change content below.
アバター

たつや@30代サラリーマンの羅針盤

【経歴】新卒で入社した会社を3年で退職→フリーランス4年で挫折→貯金0円、30代で無職→未経験の不動産業界に転職→2回目の転職で1部上場企業の正社員になる!→ネオモバで1株投資実践中!【ブログテーマ】サラリーマンの資産運用、30代無職からの転職活動、サラリーマンの羅針盤を運営中!