30代の転職で未経験は厳しいよ?面接官も上司も年下です。

30代になって転職活動をすると、想像以上に世間は厳しいと痛感します。

30代転職希望者
30代転職希望者
30代でもまだ第2新卒だよね?需要はあるよね?

という淡い期待を持ちつつも、やはり30代になると転職は厳しいです。

特に未経験の場合、履歴書が通過しません。

 

30代になると社会人経験も長くなり、成果、即戦力を求める企業がほとんどです。

前職の経験を活かして転職できるという強みがありながらも、同業種への転職も簡単ではありません。

特に、未経験の業界への転職はかなり厳しいです。

なぜ30代の転職は厳しいのか?

30代の転職を成功させるにはどうしたら良いかをお伝えします。

なぜ30代の転職は厳しいのか?

30代で転職活動をする場合、確実に20代の転職希望者と比較されます。

企業側からの審査が厳しくなるのはもちろん、30代になると転職に求める事も増えてしまうので、転職を成功させるのが難しくなってしまうのです。

①転職で収入をさげたくない!

30代になると、企業への魅力や、やりがいだけで仕事を選ぶことはできません。

結婚や出産、マイホームの購入、将来へ向けての貯金など、20代に比べてお金を稼ぐ必要性が高まります。

新しい企業、業界にチャレンジするのであれば、スタートの収入がさがってしまうこともありますが、簡単に収入を下げられないという事情もあるでしょう。

その為、安易に転職に踏み切れないということがあります。

②転職に失敗したら次がないのでは?

30代での転職は、失敗したら次がないという不安が強くなります。

20代であれば、もしも転職が失敗したとしても、次に再チャレンジしやすいでしょう。

一方で、30代で転職して3年やって厳しいなと思ったとしたら、おそらく30代後半から40代になっている頃です。

改めて転職活動をするにしても、ハードルはさらに上がってしまいます。

「もしも転職が失敗してしまったら次がないのでは・・」

こう思ってしまうと、なかなか踏ん切りがつきません。

③未経験でも実務経験、即戦力が求められる!

30代での転職ともなれば、採用する側は即戦力を求めています。

「転職に向けて新しい資格を取得しました!」

「新しい業界でチャレンジしたいという熱意があります!」

こういった資格ややる気でアピールが届くのは20代までです。

30代になると資格ややる気をベースに、どういった成果を転職先の企業に提供できるか?

ということが求められます。

20代であれば、ポテンシャルに期待されての採用も多いですが、30代になると、具体的な成果について自分をアピールできないと厳しいです。

これが、未経験の業界となるとハードルが上がってしまう理由でもあります。

【体験】上司が年下になるという理由で不採用になりました

採用する企業としては、あなたを採用する事で、組織がどう変化するかということを考えています。

30代になると、最初の面接官はもちろん、配属される部署の上司が年下という場合も多いでしょう。

30代の転職になると、面接時にこういった質問がされます。

「配属予定の部署の上司は20代で年下ですが、問題ないでしょうか?」

という質問です。

社歴は上で、年齢は下の上司に教わるのは、素直なつもりでも反発しやすくなってしまいます。

逆に、社歴は下だけど、年齢は上の後輩に教えるのは、ちょっとやりにくいと感じた事はないでしょうか?

突然、あなたの後輩として50代の業界未経験者が入社してきて、パソコンは苦手で、働き方を1から教えなくてはならないことをイメージしたらどうでしょうか?

どうせなら、20代で若くて元気な後輩が教えやすいのではないでしょうか?

30代のあなたにポテンシャルを感じたとしても、配属される組織や部署で人間関係がぎくしゃくしてしまう可能性があると思われると、不採用になってしまうということもあります。

30代の転職を成功させるためには!

30代転職希望者
30代転職希望者
やっぱり30代の転職を成功されるのは無理なのかなぁ・・

30代の転職活動は厳しいですが、30代の強みを活かすことで成功される事も可能です!

①その業界で必須スキルを知る

どんな業界であっても、特に求められるスキルや経験というのはあります。

私が働いている不動産業界であれば、未経験であっても宅建の資格があれば有利になります。

企業は常に宅建保有者を求めていますからね。

→30代の転職前に資格を1つだけとりました!確実に給料あがります。

IT業界であれば、プログラミングスキルを短期間で集中して学んでおくなど、

買い手市場のスキルを身に付ける事で、未経験であってもアピールが可能です。

②敷居の低い分野からキャリアアップを目指す

未経験の業界に参入するのであれば、未経験からでもスタートしやすい分野からキャリアアップを目指すのも有効です。

不動産業界であれば、不動産売買は未経験だと難しいですが、不動産賃貸であれば、若手の未経験者も多く、面接確約でのオファーも多いです。

不動産の賃貸営業や、賃貸管理で業界の事を勉強しながら成果をだして、そこから不動産の売買に部署異動やキャリアアップ転職をするというのもいいでしょう。

③過去の経験と、新しい経験を組み合わせる

30代の強みは20代に比べて社会人経験が長いということです。

今の環境では当たり前であっても、転職先や未経験の業界では魅力的な経験を積み上げているのです。

あなたが気付いていない、あなたの過去の経験や強みを活かすことで、転職先での大きなアピールポイントになります。

あなたの強みを知るためには?

30代の転職を成功させるには、新しい資格やスキルを身に付けることも大切です。

ですが、優先するべきは、今までの経験からあなた自身の強みを明確にするということです。

しかし、未経験の業界へ転職するのであれば、何が強みになるか分からないという場合も多いでしょう。

そんな時は、転職エージェントを活用するという方法がオススメです。

求人を探すだけなら転職サイトに登録するだけで、いくらでも調べる事ができますが、転職先の業界については、やはりインターネットだけでは調べるにも限界があります。

転職エージェントを一次面接官だと思って、今までの経験を伝え、どういったアピールができるのか、実際の会話を通して気付いていく事ができるはずです。

→【30代向け】30代の転職で役に立った転職サイトと転職エージェントを紹介します

The following two tabs change content below.
アバター

たつや@30代サラリーマンの羅針盤

【経歴】新卒で入社した会社を3年で退職→フリーランス4年で挫折→貯金0円、30代で無職→未経験の不動産業界に転職→2回目の転職で1部上場企業の正社員になる!→ネオモバで1株投資実践中!【ブログテーマ】サラリーマンの資産運用、30代無職からの転職活動、サラリーマンの羅針盤を運営中!