転職だけじゃない!市場価値を本業であげる働き方とは?

30代で転職をする場合、自分の市場価値を把握しておかないと、今より条件が悪い転職になってしまいます。

30代転職希望者
30代転職希望者
キャリアアップのために転職を考えているけど、今の会社を辞めて自分は成果を出せるだろうか?

満足のいく転職をするためには、あなたの市場価値を高める働き方をしながら、転職活動をする必要があります。

 

キャリアアップをするために転職を考える人が増えてきました。

昔のように、同じ会社で働き続けて、給料が右肩上がりというのは難しいと感じている方も多いと思います。

しかし、転職をすれば必ず給料が上がるのでしょうか?

 

転職をすることで役職がなくなり、1からスタートすることで給料が下がってしまうということも多いです。

どの業種、どの業界であっても、あなたがどれだけの価値を提供できるかによって、もらえる給料の額が変わってくるのです。

その為、より良い転職に向けて、自分の市場価値を上げることが必要です。

 

とはいえ、自分の市場価値を上げろと言われても、具体的に何をしていいかわからないのではないでしょうか?

今回は、転職に有利になる市場価値の上げ方について解説をしていきます。

「転職をする前にしておけばよかった・・」

後悔する前に、この記事を参考にしてみてくださいね。

転職だけじゃない!あなたの市場価値を本業であげる働き方とは?

転職という手段は、キャリアアップの選択肢の1つです。

しかし、キャリアをあげるためには、転職だけが選択肢ではありません。

自分の市場価値を上げるためにやるべき事は、転職以外にも数多くあります。

今回は、あなたの市場価値をあげるための方法を3つに絞ってお伝えしていきます。

①あなたの専門分野を磨く

当然ですが、転職をする際には、今までの経験や実績について必ず聞かれます。

社会人経験が長くなるにつれて、何となく仕事はできるようになったけれど、具体的に何ができるか聞かれると困ってしまうこともあります。

転職の際に、自分の専門性は何なのか?

あなたの強みを、自信を持って話せるようにレベルアップする必要があります。

 

専門分野を磨くという観点から考えると、どんな会社でも専門性を活かせるかということを意識するべきです。

例えば、営業職であれば、

・自社の取引先にサービスを提案できる。

・自社の商品を上手に説明できる。

といった、今の会社でできることだけではなく、

・どんな商品やサービスであっても魅力的に伝えられる提案力

・どんなお客様であっても距離を縮められるコミュニケーション能力

・どんな顧客であっても悩みを聞き出せるヒアリング能力

というように、環境や条件が変わった上でも変わらない根本的なスキルです。

 

普段の仕事をしながらも、

他社、他業種で働いたとしても、いまの仕事の経験を活かせる専門領域が自分にはあるのだろうか?

自問自答しながら仕事をしてみてください。

②数字という客観的な実績を残す

数字というのは、誰が見ても理解できる客観的な実績になります。

特に、営業職であれば分かりやすいですね。

・月間売上300万円を達成しました!

・年間の目標達成率が120%でした!

成果だけではなく、行動実績も数字でアピールすることができます。

目標達成のために、どのように考え、どのように行動してきたかは、数字で表現するのが最適です。

 

もちろん、管理職であったとしても、事務職であったとしても、目に見える数字であなたの実績を示すのは有効です。

どんな部署であったとしても、会社というのは利益という数字を増やすために存在しています。

なので、直接的であれ、間接的であれ、数時とは様々な形で繋がっているのです。

 

数字として表現できる実績を意識して働くことで、あなたの市場価値を客観的に確認することができるでしょう。

③本業の知識や経験をアウトプットする

長く働き続けると、自分自身の価値に気付いていないという人が多いです。

あなたが本業で学んだ知識や経験は、あなたやあなたの会社の人にとっては当たり前かもしれません。

ですが、ひとたび会社の外に出れば、あなたの専門知識が勉強になると言ってくれる人は数多く存在します。

 

例えば、あなたが営業職であって、取引先と電話で営業をしていたとします。

今まで、電話営業をしたことがない人からしたらどうでしょうか?

当たり前のように行っているやり取りが非常にレベルの高い仕事に見えるはずです。

 

試しに、社会人になりたての、新人の頃の自分を思い出してみてください。

・今のあなたと同じように、スムーズに電話で営業ができていたでしょうか?

・初めて会ったの人の前で、堂々と商品説明ができていたでしょうか?

 

そういった人は、世の中に何万人といます。

これから営業にチャレンジしようという人たちからしたら、あなたの経験や実績は、非常に参考になるのです。

 

今の仕事で学んだ経験や知識を、会社の外でアウトプットする機会を作ってみるのが良いでしょう。

別に、誰かにプレゼンをしたり、長時間セミナーで話すという必要はありません。

例えば、SNSであなたが経験したことを発信してみるとか、ブログであなたの体験談を記事にしてみるとかですね。

 

驚くことに、普段の仕事で行っていることを、会社の外で伝えるというのは思った以上に難しいです。

なぜなら、あなたの仕事に対して基本的な知識や経験が全くない人に説明するというのは、小学生に説明するように、簡単に分かりやすく説明する必要があるからですね。

 

伝えていくうえで、あなた自身の仕事スキルや経験が明確になっていき、あなたの強みである市場価値に改めて気付くことができます。

結果として、あなた自身の仕事に自信を持つことができ、さらなる成果を生み出すことができるでしょう。

市場価値を高めることで得られる事は?

市場価値を高める方法が分かったとしても、実際に市場価値を高める働き方を続けるというのは簡単ではありません。

なぜなら、努力をする必要もありますし、頑張り続けられるか不安もあると思います。

自分の市場価値を高めるというと聞こえはいいですが、実践するとなると毎日の継続した努力が必要です。

継続するためには、市場価値を上げた先にあるはっきりとしたメリットがないと苦しいだけになってしまいます。

 

市場価値を高めた先に得られるメリットを4つ紹介していきます。

①時間ができる

市場価値を高めることによって自由になる時間ができます。

当然ですが、自己成長するためには時間が必要です。

勉強するにしても、アウトプットをするにしても、まとまった時間を確保しなくては続ける事は難しいでしょう。

 

少しでも時間を確保するために、普段より1時間早く起きたり、残業を減らして帰宅時間を増やしたり、ちょっとした隙間時間を活用したりなど、様々な方法が考えられます。

結果として、自分でコントロールできる時間が増えていくのです。

何となく過ごしていた時間を、自分でコントロールしている実感を得られることで、満足感や達成感を得ることもできてしまうのです。

②辞めても大丈夫という自信が手に入る

自己成長をしていくことによって、自分の市場価値が高まっているのを実感すると、今の環境にしがみつく必要がないということに気付けます。

「会社を辞めてもやっていけるぜ!」

という自信が湧いてくると、怖いものはありません。

今の仕事も恐れず積極的にこなしていくことができるでしょう。

③結果的に収入がアップする

転職のために市場価値をあげていたとしても、結果的に本業の収入も上がります。

時間という貴重な資源をコントロールすることができ、会社を辞めても大丈夫という自信を持って仕事をしている人になったとします。

会社からしたら貴重な人材として見られることは間違いありません。

不思議な事に、会社を辞めてもいいという思いで仕事と向き合うことによって、イヤイヤやっていた仕事も世界が変わり、成果がでてしまって転職しないでもよくなるケースが多いのです。

④さらなる目標が見つかる

自分の市場価値を高め、転職を成功させようと思った結果、今の仕事でも成果が伸びて満足できるようになってきたとします。

しかし、今の仕事で満足できてきたことで、より大きな目標が見つかり、前向きに転職したいと感じるようになってくるのです。

今の環境のままでは満足できず、

・もっと挑戦したい!

・もっと成長したい!

このような欲求が沸いてきた時に、すでにあなたの市場価値はアップしています。

 

ネガティブな悩みがあって転職を考えていたにも関わらず、

転職に向けて市場価値を高めていった結果、

ポジティブな目標によって転職はもちろん、独立やフリーランスという選択肢を考えるようになるのです。

これが、市場価値を高めるべき1番大きな理由と言っても過言ではないでしょう。

市場価値を高めるために、あなたが今日からできることは何でしょうか?

あなたの市場価値を高めるべき理由と、得られるメリットについてお伝えしてきました。

しかし、理解しただけでは、あなたの市場価値は高まりません。

 

あなたの市場価値を高めるのはあなた自身しかいません。

誰かに期待せず、誰かに依存せず、あなた自身の人生を、より豊かにするために行動していってくださいね。

The following two tabs change content below.
アバター

たつや@30代サラリーマンの羅針盤

【経歴】新卒で入社した会社を3年で退職→フリーランス4年で挫折→貯金0円、30代で無職→未経験の不動産業界に転職→2回目の転職で1部上場企業の正社員になる!→ネオモバで1株投資実践中!【ブログテーマ】サラリーマンの資産運用、30代無職からの転職活動、サラリーマンの羅針盤を運営中!