転職活動に疲れた30代の、根本的な原因と解決する行動とは?

転職活動に疲れた30代からは、厳しい転職事情が聞こえてきます。

・どんなに申込しても書類審査で落とされ続ける・・

・20代の頃にとれていた内定が全く取れない・・

・今よりも年収やポジションが低い提示しかもらえない・・

 

30代での転職活動は、20代と同じやり方では勝負ができません。

繰り返し書類選考や面談で落とされていては、誰だって疲れてしまいます。

転職活動に疲れるほとんどの原因は、

「内定が取れない」

ということでしょう。

 

30代で内定が取れない大きな理由の1つに20代と同じ転職活動をしているという事があります。

世代が変われば、企業が求めていることも変わります。

今回は転職活動に疲れた30代にむけて、転職活動がうまくいかない根本的な原因と、解決方法として30代ならではの転職戦略をお伝えします。

転職活動に疲れてしまう30代が多い理由

転職活動に疲れてしまったといっても、人によって理由は異なります。

・内定どころか書類審査が通過しないから面接もできていない・・

・今の仕事が忙しすぎて、転職活動が進まない・・

・内定が取れない理由が分からないから、転職活動が進んでいる気がしない・・

などがあります。

 

つまり、

・書類審査が通過しない

・忙しくて転職活動が進まない

・今の転職活動で正しいのかが分からない

転職活動がうまくいっていないから、転職活動に疲れてしまうのです。

休日に休まずに転職活動をしたとしても、面接が順調で、希望の転職先との交渉が進んでいれば、むしろ元気が湧いてくるのです。

転職活動を続けて内定先をゲットするしか解決にならない!

30代の転職活動にうまくいかないと、今までの社会人としてのキャリアを否定された気がします。

その為、今の仕事はもちろん、今後のキャリアにも不安を感じ、より疲労感がたまってしまうのです。

 

根本的に転職活動の疲れを癒すためには、転職活動を休んだり、休日にリラックスして趣味を楽しんだりすることでは解決しません。

とにかく、限られた時間の中で、転職活動を効率よく進めることで、内定を獲得すること。

厳しいようですが、転職活動の疲れは、あなたの希望条件を明確にした上で、内定を獲得することでしか癒すことはできないのです。

 

そして、今までの転職活動ではうまくいかなかったのであれば、やり方を変えてみる必要があります。

30代の転職活動で一番大切なのは、一人で頑張りすぎないという事です。

30代の転職活動を一人で頑張りすぎない

転職活動に疲れた30代の、根本的な原因と解決する行動とは?

新卒の時など、一緒に転職活動をする仲間がいたはずです。

両親や家族からも応援してもらっていたという人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、30代での転職となると、職場の同僚には相談できないでしょう。

友人たちも、それぞれ仕事や家庭に忙しく、転職活動の相談をする機会も少ないはずです。

場合によっては家族にも言えないで、一人で淡々と取り組むという方も多いでしょう。

 

私自身、30代無職という状況の時は、両親や家族にも転職活動の話はしにくかったですし、友人たちも、日々、仕事に励んでいたので、気軽に相談する事もできません。

また新卒や20代向けの就職活動の書籍は沢山ありますが、30代の転職活動についてはあまりないですよね。

 

どうしても我流になってしまい、一人で頑張っているのにも関わらず、成果に繋がらない・・

これでは疲れてしまって当然です。

30代ともなると今の仕事や家族との時間もあるので、少しでも効率よく進める必要があります。

内定を獲得するために、転職活動の見直しをしよう

転職活動に疲れてしまった時は、転職活動を辞めるのではなく、今までよりも楽に続ける方法に切り替えることが大切です。

同じやり方で転職活動を続けても、またどこかで疲れてしまって、転職活動を諦めてしまう可能性があります。

30代の転職活動を、負担を少なく進める為に、3つの見直しポイントをお伝えします。

①転職サイトではなく、転職エージェントを活用する

30代の転職活動で、転職サイトだけを利用しているという方は、すぐに転職エージェントを利用するべきです。

新卒や20代での転職活動では、転職サイトで求人を探して、申込、面談をして内定をゲットするというやり方が多かったかもしれません。

全て、自分で進めていくスタイルですね。

 

しかし、30代の転職活動は、企業に求められる事が全く異なります。

今後の成長はもちろんですが、過去の実績や、即戦力になるかなど、現時点でのあなたの市場価値をアピールできなければ、内定はもらえません。

そして、あなた自身の市場価値を自分だけで正確に見極めるのは非常に難しいのです。

 

・どんな企業にもとめられているか?

・どんな業界・職種なら評価されるか?

・今までのキャリアをどう活かせるか?

 

こういった、あなたの市場価値を知ることで転職活動における企業の選び方が変わってきます。

逆に、市場価値を知らずに求人に申し込みを繰り返しても、書類選考で落とされるなど、成果に繋がらなくなってしまいます。

 

加えて、転職エージェントは履歴書や職務経歴書の添削や、内定が取れなかった際のフィードバックもしてくれます。

一人で転職活動を続けていても、企業は不採用の理由を教えてくれませんので、成果がでない理由が分からない。

その為、どのように改善したらよいかの道筋が分からないから、転職活動自体に疲れてしまうんですね。

だからこそ、転職エージェントというプロの目線から、改善の道筋をアドバイスしてもらうことが必要になります。

自分の市場価値を知り、相手(企業)の求めていることが分かれば、内定に大きく近づくことができます。

ゴールに近づいている実感があれば、転職活動を続けていたとしても、悪い疲れは癒されていきます。

 

もし、30代の転職活動で転職エージェントを利用していないのであれば、一度、転職エージェントの面接から始めてみましょう。

→【30代向け】30代の転職で役に立った転職サイトと転職エージェントを紹介します

私自身、30代無職という絶望的な市場価値から3ヶ月で正社員の内定が取れました。

その時に、活用していた転職エージェントについて全てお伝えしています。

②転職理由と転職の目的を見直す

30代の転職となると、最後の転職かもしれないし失敗できない・・

というプレッシャーの中で活動されている人も多いです。

 

転職理由や転職の目的が曖昧であれば、どうしても転職活動にも力が入りません。

今回の転職を通して、

・年収を今よりもアップさせたいのか?

・収入よりも労働環境(勤務先や勤務時間)をより良くしたいのか?

・条件は悪くなっても、新しい業界や業種にチャレンジしたいのか?

何を達成したいかによって、転職活動の方法も変わってきます。

 

また、目的が明確でなければ、良い条件ではなく、悪い条件に目がいってしまいます。

あなた自身が、転職活動において最も大切にしていることは何か?

目的をより具体的に、明確にしておくことで、転職エージェントへの相談や活動自体がスムーズになり、結果的に、転職活動の疲れも癒されていくでしょう。

無理をせず、転職のプロに頼ってもいい

転職活動に疲れているあなたに対して、さらに転職活動を頑張れという少し厳しい内容だったかもしれません。

 

私も30代無職という状況で、求人に申し込んでも、全く通過しなかったですし、

いざ面接に行っても、自分よりも年下の面接官に落とされる日々で、30代の転職活動はこんなに辛いんだなと感じていました。

 

しかし、転職をすると決めた理由があるのであれば、転職活動を継続して成果をだすしか、根本的な解決にはなりません。

転職エージェントの担当者も、あなたより年下の可能性があります。

転職活動にうまくいかないことを相談して、担当者に頼ることに対して、抵抗もあるかもしれません。

 

ですが、一人で頑張り続けて、今よりも辛くなってしまい、転職活動自体を諦めてしまうのではなく、

活用できるものはすべて活用して、少しでも負担なく転職活動を続けて、成果に繋げて良ければと思います。

より良い転職先を見つけて、転職活動を気持ちよく終えられるようにしていきましょう!

私が30代無職から、2回の転職活動において3ヶ月で内定をとることができた、30代の転職活動についてまとめています。

→【30代向け】転職活動の始め方【働きながら3ヶ月で転職できる】

少しでも参考にして頂ければ幸いです。

The following two tabs change content below.
アバター

たつや@30代サラリーマンの羅針盤

【経歴】新卒で入社した会社を3年で退職→フリーランス4年で挫折→貯金0円、30代で無職→未経験の不動産業界に転職→2回目の転職で1部上場企業の正社員になる!→ネオモバで1株投資実践中!【ブログテーマ】サラリーマンの資産運用、30代無職からの転職活動、サラリーマンの羅針盤を運営中!